産後骨盤矯正

2018年11月9日

産後骨盤矯正、最近あちこちで施術を行っているところがありますが、トレーニングと組み合わせているところは当院だけです。

10か月かけて大きくなっていくお腹の為に骨盤が緩くなり拡がります。それは「リラキシンホルモン」と呼ばれる女性ホルモンです。妊娠中に多く分泌されますが、月経時にも多く分泌されます。この作用により体の関節は弛緩し、骨盤に至っては拡がって赤ちゃんが大きくなる土台を創るのです。

しかし、このホルモンは関節を弛緩します。つまりグラグラさせ負担をかけやすくし、さらには痛みを発生させます。ですので、速やかに施術する必要があります。

個人差がありますが、運動愛好家など筋力が強い方は割と身体が安定しやすく治りも早いですが、そうでない方は痛みが妊娠中から起きやすく、長引きます。この痛い という状態が長引くと精神状態も悪化し、生活に支障が出る場合がありますので、育児のためにもケアしていくことをおススメいたします。

当院の産後骨盤矯正は身体の重心に基づき、身体のズレを確認し調整していきます。しかし、筋力が低下している場合この調整の回数が増えることがあり、インナーマッスルトレーニングを推奨しています。

インナーマッスルトレーニングを併用し施術を行うことで、治療効果が戻らず、階段を上るように良くなっていきます。3か月程度通うことで安定した骨盤を作り精神状態も安定し、やせやすい身体や引き締まった身体、痛みのない身体、姿勢の良い身体を創ることができます。

当院は指導を大切にしていますので、どうすればよいかなどの日常生活の注意点などもしっかり教えています。

産後骨盤矯正は当院にお任せください。産後1か月からお受けいたします。お子様連れでも大丈夫です。保育士やベテランママの受付さんが常駐しておりますので、安心してご来院ください