ぎっくり腰

  • よくぎっくり腰になる
  • 骨盤がゆがんでいる気がする
  • 荷物をよく持つ作業がある
  • 座っていても腰が痛い
  • 何をしても腰が痛い

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰になる、その状態は骨盤が破綻した状態です。上半身の重みを骨盤が支えているのですが、仙腸関節というところがゆがむと、次に筋肉が支えます。

しかし、筋肉は支えるために硬く骨のようになろうといます。これがぎっくり腰における筋肉の緊張です。ほかには靭帯が緊張します。

ですので、筋肉部分が痛くなり、硬くなった筋肉をもんだりすることが多いのですが、ホントは骨盤を治していくことが大事なのです。

しっかりした骨盤を創ることで、怪我の防止のためにも定期的にメンテナンスしていくことが大事になっていきます。

当院ではブロックという器具やトムソンベッドなど、ぎっくり腰でもしっかりと痛みを取ることができるプログラムがあり、一発で改善してしまうぎっくり腰専用治療がありますので、ぎっくり腰になってしまったら、当院までお越しください。